マンション管理士になると狙える年収の高さ

マンション管理士が注目される理由はいろいろありますが、チャンスが多いことも理由でしょう。キャリアや年収という観点で見渡すと、宝の山のような感じがしてくるほどです。

マンション管理士の年収やキャリアに夢を抱ける理由は、この資格が開業や独立に向いているからですね。
サラリーマン的な立場で働くための資格の場合は、年収には安定感が自然とついてきますが、その分大きくブレイクするような可能性は消滅してしまいます。

その点マンション管理士は、自分自身のやり方ひとつで、途方もなく伸びる可能性が開けているわけです。

さすがに独立・開業したらどんなマンション管理士でも大物になれるということではありません。
どんな職業でも独立には失敗のリスクがありますし、試験に受かって資格を得たばかりの状態では独立しても仕事はとれません。

やはり最初のうちは企業の社員として働きながら、経験を増やして将来に備えていくことが妥当でしょう。

マンション管理士の年収の平均は?

ところで肝心のマンション管理士の年収はどれくらいでしょうか? 
これは正確な統計を取ることが簡単ではないため、調査方法によって大きく変化します。幅を持たせるなら300万円台から800万円台といったところでしょうか。

300万円台というと夢のない年収に見えますが、これは20代や30代初めといった、まだ新人の時代のマンション管理士が多く入っているためですね。
仕事のできるベテランになれば当然もっと多額の報酬をマンション管理組合に要求することができます

平均値の上限が800万円なら、中には1000万円台の人も混ざっていると考えることだってできます。

そのような報酬に恵まれたマンション管理士になっていくには、やはり経験や能力を着実に高めていくことが必須ですね。焦ってもろくなことがありません。
マンション管理士になるまでもハードですが、マンション管理士としてデビューしてからも楽ではありません。

それでも、仕事のできる人材に成長すれば、マンション管理組合との間で恵まれた条件の契約を取り交わすことができるようになれるはずです。