情報不足な独学者必見「出題ポイントの捉え方」

マンション管理士試験独学受験生にとって、最大の悩みといえば、おそらく「情報収集能力に欠ける」ことだと思います。
資格予備校に通っていたり、通信講座を受講していたりすれば、何の苦労もなく必要な情報が入ってくるのですが、独学で受験するとなればその点にもすべて自分自身で対応する必要があります。

マンション管理士の独学対策だけでも大変なのに、その上、情報のチェックまで・・・。なかなか容易なことではありません。

体系的な試験対策や情報の収集等、総合的に考えれば断然、資格予備校の力を借りるのが最も効率的であると言えます。

しかしながら、数ある受験生の中には、様々な事情からあえてマンション管理士試験対策を独学でこなそうという方もいらっしゃいます。
本ページでは、こうした独学受験生に向け、「試験に必要な情報収集の手段」をご紹介することにいたしましょう。

独学受験生にとっても、意外と使える「資格予備校ホームページ」

「独学なのに資格予備校?」と思われるかもしれませんが、個人的には独学受験生だからこそ、資格予備校のホームページや資料を最大限に活用すべきだと思います。

具体的にどう役立つのかと言えば、

  • 年間カリキュラム表
    ⇒独学受験生にとって掴みにくい、学習ペースの目安に!
  • 教材紹介
    ⇒どんな種類の教材を揃えるべきかの参考に!
  • 講師ブログ
    ⇒法改正項目や各科目のポイント、モチベーションアップの方法等、具体的に役立つノウハウの宝庫!

無料なのに、得られる情報はこれだけあります!

上記のうち、特に注目したいのが「講師ブログ」です。

すべての資格予備校で講師ブログが公開されているとは限りませんが、

フォーサイト『マンション管理士・管理業務主任者のスペシャリストによる“こっそり裏講義”』

マンション管理士独学受験生であれば、これらは定期的にチェックすべきです。
特にフォーサイトの講師ブログでは、試験科目についての具体的なポイントや出題分析にまで触れられているという大盤振る舞い!活用しない手はありません!