過去問演習の注意点

マンション管理士試験独学受験生にとって、試験対策の主軸はおそらく「過去問演習」になろうかと思います。

しかしながら、良かれと思って取り組んでいるこの問題演習、取り組み方を間違えて‘ただの自己満足’といったケースもあるようです

本ページでは、マンション管理士独学受験生のための「過去問演習時の注意点」についてご紹介しておくことにいたしましょう!

ただ解くだけではダメ!時間がかかっても一つひとつ丁寧に

独学か否かに関わらず、実際に問題演習を始めると、どうも「いかに多くの問題を解くか」に一生懸命になってしまう受験生が多いようです。

‘量’を追求すれば、必然的に‘質’がおろそかになります。
しかしながら、当の本人は「一問でも多く問題にあたること」を重要視するあまり、「その問題からどれだけのことが学べたか」といった本当の意味で重要なことが意識されていないケースが実に多く散見されます。

>資格対策において、‘ただ解くだけ’の問題演習のやり方では、結局のところさほど有効とは言えません。
なぜなら、過去問での出題はしょせん「過去問」ですから、今後全く同一の問題に出遭うかと言えばその可能性は極めて低いからです。

過去問が重要視されるわけ

それではなぜマンション管理士試験対策において「過去問演習」が重視されるのかといえば、「同一の論点が出題されやすい」といった傾向があるためです。

マンション管理士試験の出題を分析すると、一見すると違った問題に見えても、本質では同じ論点を問われているといったパターンの問題が、年度をまたいで多数出されていることに気が付くでしょう。

皆さんにとっては、過去問演習を通じて「どの論点が頻出なのか」「どんなパターンで出題されているのか」を正しく把握することこそが、過去問演習における趣旨に他なりません。

もっとも、一問一問をしっかり吟味しようとすれば、当然のことながらそれなりに時間がかかります。

マンション管理士独学受験生にとっては、過去問演習の中で「時間ばかりがかかって、なかなか勉強が前に進まない」といった錯覚に陥ることもしばしばでしょうが、ここは‘急がば回れ’の精神です。前に進みたい衝動を抑え、正しいやり方でじっくり取り組むよう心がけましょう。

重要なのは‘量’ではなく、あくまで‘質’。マンション管理士独学受験生にとっては、常に忘れずにいたいキーワードです!